妊娠しやすい 生活

妊娠したい!妊娠しやすい体作りとは?妊活におすすめ方法

妊娠しやすい体作りとは 
 
妊娠しやすい体づくりとは、一体どういったことを指すのでしょうか。
赤ちゃんが欲しいけど、なかなかできない…
 
妊活をして、3年経っても妊娠しないと、不妊となってしまうようです。
妊娠したいと思うなら、まずは妊娠しやすい体づくりを始めなければいけません。
そのためには、どうすればいいのかをご紹介します。
 
まずは、自分の基礎体温をつけること。
毎日、決まった時間に体温を計測し、グラフ化しましょう。
そうすることで、妊娠に大きく関わってくる低体温期と高体温期が分かります。
 
そして、だいたいの排卵日も分かります。
 

次に、食生活です。
毎日の食事を見直してみましょう。
栄養バランスのいいものをできるだけ食べるように心がけましょう。
 
お野菜中心。
適量のたんぱく質も摂りましょう。
おすすめは薬膳ごはんです。

 
ごはんを炊くときに薬膳の素をいれるだけで簡単薬膳ごはんが作れます。
良質なたんぱく質と血流を良くする黒い食材が入っています。
薬膳と言っても、ご飯の味が変わらないおいしさなので続けられます。
 
 

 

それらを腹八分目で終わらせておくことで、体重管理にも繋がります。
 
次に、体を冷やさないことを心がけましょう。
冷えは女性の大敵とも言われますよね。 
 
 

 

ベッキーが愛用している冷えとり靴下を私も愛用しています。
妊娠してからは、冷え取りスパッツも始めました。
シルクの暖かさがはんぱなくいいです。
下半身の冷えはなくなりましたよ^^
 
 
 
お風呂にゆっくり入ること。
また、食べ物などで、体の内側から温めたり、と方法は沢山あります。
ご自身に合った方法で、体の冷えを取りましょう。
 
続いて、ストレスをためないようにする、ということ。
生活していると、何かとストレスを感じます。
でも、このストレスは妊娠しやすい体づくりとは反したこと。

 
できるだけ、ストレスをためないように過ごしたいものです。
私の場合、ストレス発散に、好きな音楽を聞きながらのウォーキングでした。
 
自分の世界に入ることができますし、外の景色を見ることで、
気持ちがスッキリし、ストレスを発散できていたように感じます。
 
 
また、適度な運動は妊娠しやすい体づくりに適しています。
 
妊娠しやすい体づくりのために、色々とご紹介してきました。 
どれも無理することなく、やってみてください。
辛く感じたり、無理を感じたりすると、逆効果です。
 
妊娠したい!と強く思うことは大切なことかもしれませんが、
そのこと自体がストレスになってしまっているかもしれません。
 

それと忘れてはいけないのが、葉酸を摂ることです。
食事に加えて400μgの葉酸サプリが必要とされています。
自然食品からつくられた葉酸はベルタ葉酸サプリです。
妊婦さんも安心して飲むことができる安全な葉酸です。 
 
妊娠しやすい体づくりをする前に、
まず日常生活の改善をしてみてもいいかもしれません。
 
焦らず、ゆったりとした気持ちで、赤ちゃんを迎えてあげましょう。